生活習慣病の高血圧を放置しておくと動脈硬化の危険が

高血圧は生活習慣が原因の一つとも言われており、日本人のうち4000万人がその症状があると言われています。高血圧になりやすい生活習慣として、塩分の摂りすぎ、ストレス、睡眠不足、運動不足などが挙げられます。海外ではサイレントキラーと呼ばれ、自覚症状があまりないのも特徴で、健康診断などで指摘されて初めて気づく人も多い症状です。症状が悪化すると、動脈硬化や心筋梗塞、脳内出血などの命にかかわる病気を発症することもある怖い病気なのです。心筋梗塞や脳内出血などは、動脈硬化が引き金となっています。高血圧と動脈硬化にはどのような関係があるのでしょうか。
高血圧は、血液を全身に送り出すポンプの役目をしている心臓から送り出される血液の圧力が、血管にどれだけかかっているかで判断されます。血管への負担が大きいほど高血圧という診断がされるのですが、血管はその負荷に耐えるために厚く固くなり柔軟性を失って行きます。柔軟性のある血管ならば血液と共に流れていくコレステロールなどが貯まりやすくなり、血管の内側を通ることのできる血液の量は減って行きます。その結果さらに血管に圧力がかかってしまうため、高血圧になってしまうのです。さらに高血圧になることで動脈硬化になる、という悪循環になってしまうのです。柔軟性を失った血管は何らの拍子に詰まったり破れたりしてしまい、それが高血圧が原因による心筋梗塞や脳内出血の原因になってしまいます。
改善の方法としては、生活習慣の見直しが重要になります。塩分を控えめにしたり、運動を行うようにする、ストレスを取り除いたり睡眠不足を解消するといった改善方法を行うことで、動脈硬化のリスクを軽減することができるようになります。